住宅ローンを選ぶならやっぱり低金利

Posted in 住宅ローン 金利 by yaadmin on 2014年2月26日 No Comments yet

住宅ローンを選ばれる際にやはり皆さん結構悩むかと思います。
無理もありません、大きな事ですからできるだけ慎重に決めたいですよね。
住宅ローンを選ばれる際には、金利を比較されてみるのが良いかと思うのですがどうでしょう?
やはり今後長期にわたって返済をしていくのですから、低金利の住宅ローンの方が良いと思いませんか?


住宅ローンのいいところは?

住宅ローンのいいところは頭金とその他少し費用を用意するだけでマイホームを手に入れることができるところだと思います。
まとまった金額を用意できなくても最初の頭金と諸経費を用意すれば契約することが出来ますので、非常に助かりますね。
この制度が無ければ何年も貯金をしていつ手に入れられるのかわからなくなってしまいます。
そう考えますと、本当に嬉しいですし便利で良いですよね。


今後のこともしっかり考えよう

長期にわたって返済をしていきますので、今現在の事だけではなくてもっと先のことまでお考えになってからプランを立てることをおすすめします。
お子さんのいない方でしたら今後も続けられるようなプランで良いかと思いますが、お子さんがいらっしゃる方は成長していき学校などへ入ることを考えて、それに合わせたプランを選ばれるのが良いかと思います。
お子さんの小さいうちは返済額を増やして、大きくなってきたら返済額を少し減らしてみるとかそういった方法を選ばれても良いかと思いますので、ご自分に合ったプランをよく考えてみましょう。

住宅ローンの比較ポイントについて

Posted in 住宅ローン 金利 by yaadmin on 2014年2月24日 No Comments yet

皆さんの中にはどちらの金融機関で住宅ローンを利用して良いのかお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
中にはランキングサイトや比較サイトを参考にされている方もいらっしゃるかと思いますが、一体どこを比較すれば良いのか分からない方もいるかと思います。
比較するポイントはまず、金利についてだと言われています。
返済する際にも深くかかわってきますので、こちらのチェックは忘れずに!


住宅ローンで確認しておきたいこと

住宅ローンの確認しておきたいところは金利だけではありません。
事務手数料を含む借り入れにかかる初期費用もぜひ確認しておきたいポイントの一つだと言われていますので、しっかり確認するようにしましょう。
また、繰り上げ返済手数料や保険を含む付加価値についても比較されておくことをおすすめします。
もちろん、一番良いのはご自分に合ったものを選ばれることですのでじっくりお考えになってから慎重にお決めになるのが良いかと思いますよ。


返済の仕方は人によって変わってくる

住宅ローンの返済の仕方は人によって変わってきます。
コツコツ返済する方やボーナスを利用して返済している方・お子さんのいる方でしたら大きくなるまで返済額を増やしているという方など色々な方がいます。
ご自分に合わせた返済方法で良いので、確実に返済をして少しずつ減らしていくようにしていきましょうね。
返済が難しくなってきてしまった場合は、担当者の方などに相談をして変更してもらいましょう。

住宅ローン減税を狙って新築住宅を買うなら注意!

Posted in 住宅ローン 金利 by yaadmin on 2014年2月24日 No Comments yet

住宅ローンの金利が過去最低とも言われており、地価も下がっていることから、現在は住宅を買うのに一番適している時期だ、などと専門家が分析しているそうです。しかし、そこで注意したいのが、減税を視野に入れて、新築の住宅を購入する人です。


床面積が住宅ローン減税では使われる

住宅がまだ建設されていない状態では、明確な床面積ではなく、敷地面積が記載されています。しかし住宅ローン減税では、購入した住宅の床面積が50平米以上、という決まりがあります。そのため、50平米ていどの敷地面積の場合は、床面積が規定を下回ってしまう可能性があるのです。購入後、床面積が足りません、という理由で減税を受けられないということにならないようにしましょう。


減税を受けることができる条件をおさらいしよう

ローン減税を受けることができる条件は、新築の場合、床面積が50平米以上、半年以内の入居で12月末日まで必ず住んでいること、親族から譲り受けた資産ではないこと、減税控除を受ける年の所得が3000万円以下であること、などです。また収支合算をしている場合、連帯保証人となる女性の減税は対象外となる恐れもあります。これらの事は契約時に特によく確認するようにしましょう。

住宅ローンの借り換えって無料なの?

Posted in 住宅ローン 金利 by yaadmin on 2014年2月24日 No Comments yet

住宅ローンを借り換えする時には無料で出来るのか疑問に思っている方も中にはいらっしゃるのではないかと思いますが、それは違うのです。
初めて住宅ローンを組んだ時のように借り換える際にも保証料や登記費用などが発生しますので注意するようにして下さい。
変動したりしますのでどのくらいかかるという事は断言できませんが、一般的は30万円ほどかかるのではないかとされています。
ですので、借り換えをされる際にはこの費用も含めてお得になるのかどうかについて確認されることが大事だと思います。


住宅ローンの一部に制限アリ!

ここで気を付けていただきたいのが、一部制限があるという事なんです。
民間融資から公的融資への借り換えや公的融資から公的融資への借り換えは出来ないようになっています。
ですので、住宅ローンの借り換えをされる際には色々そういったことを調べて確認されておく必要がありますのでぜひご確認をお願い致します。
ですが、民間金融機関同士であれば制限は全くありませんので安心していただければと思います。


選ぶ時にはここをチェック

住宅ローンを選ぶ際に見ておくポイントがいくつかあります。
それは金利・固定なのか変動なのかという金利タイプ・繰り上げ返済のしやすさ・借り換え時の諸費用についてだと言われています。
確かに全て確認しておかなければいけない事ですので、ご自分で探す際にはそういったところに注目して探されることをおすすめします。
また、詳細が不明な場合はその金融機関などに問い合わせてみるのも良いかと思いますよ。

住宅ローンのシミュレーションを利用してみよう

Posted in 住宅ローン 金利 by yaadmin on 2014年2月24日 No Comments yet

住宅ローンを利用する上で必要なのは、きちんと計画を立てて計算をすることだと思います。
しかし、中にはどのように計算をするべきなのか分からない方や計算が苦手だという方もいらっしゃるのではないかと思います。
そんな時はネットでシミュレーションが出来るところがありますので、そちらを利用されてみることをお勧めします。
今では比較的にそういった場所が増えていますので、色々調べてみるのも良いですよ。


住宅ローンが初めてな方でも安心

現在はネットの情報も充実していますし、担当者の方にも気軽に相談することもできますので初めて住宅ローンを利用される方でも安心なのではないかと思います。
もちろん、利用する際に条件もありますが比較的多くの方が大丈夫だと思いますし、色々メリットもありますのでおすすめです。
無理が無く余裕を持つことのできる場所を利用されるようにして下さいね、
まずは金利について比較されてみるのはどうでしょうか?


返済はきちんと!

住宅ローンは長期にかけて返済していくものですので、前もって返済計画を立てておかれることをおすすめします。
今の事だけを考えるのではなくて、きちんと先のことまで考えてからプランを選ぶのが良いかと思うのですが、皆さんはどう思いますでしょうか?
毎月の返済をしっかり行いましょう、もし途中で苦しくなってしまったり返済が難しい方は担当者の方に相談して変更できるのでしたら変更してもらい、きちんと返済できるようにしていきましょうね。
ゆっくりでも構いませんので完済できるようにしていきましょう。

住宅ローン借り換えはどう判断する?

Posted in 住宅ローン 金利 by yaadmin on 2014年2月24日 No Comments yet

住宅ローンの利息が非常に下がってきており、多くの専門家が現在は住宅を購入する非常にいいタイミングだ、といっているそうです。そのため、住宅ローンの安いプランに借り換えを考える人も増えているそうです。しかし闇雲に借り換えてしまうと手数料などで損をしてしまう可能性もあります。


借り換えたほうがお得な住宅ローンを知ろう

一般的に、借り換えを行ったほうがお得だと言われている住宅ローンの目安は残額が1000万円以上、返済期間が10年以上、今支払っているローンよりも1パーセント以上低いという3つの条件なのだそうです。これが借り換えを行うメリットがあると言われている目安なのですが、現在は団信保険などを別口の契約とし、利息を低く設定している住宅ローンなどもあります。手数料や保証料なども会社によっては無料サービスを行う会社もあります。


金利の見直しを今借りている銀行に聞いてみよう

現在、銀行などでは住宅ローン利用者は非常に大切にしたい顧客という存在です。そのため、借り換えを考えているのであれば、まずは現在借りている銀行に金利が安いローンがあるので借り換えを考えようと思っていることなどを伝え、相談できないか聞いてみましょう。銀行に引き下げる義務はありません。しかし競争が激化している現在は、ケースによって引き下げに応じてくれる銀行もあるそうです。ただし、相談して下がらないとしてもこればかりは銀行が悪いわけではありません。ダメなら借り換えを行うといいでしょう。