住宅ローン借り換えはどう判断する?

Posted in 住宅ローン 金利 by yaadmin on 2014年2月24日 No Comments yet

住宅ローンの利息が非常に下がってきており、多くの専門家が現在は住宅を購入する非常にいいタイミングだ、といっているそうです。そのため、住宅ローンの安いプランに借り換えを考える人も増えているそうです。しかし闇雲に借り換えてしまうと手数料などで損をしてしまう可能性もあります。


借り換えたほうがお得な住宅ローンを知ろう

一般的に、借り換えを行ったほうがお得だと言われている住宅ローンの目安は残額が1000万円以上、返済期間が10年以上、今支払っているローンよりも1パーセント以上低いという3つの条件なのだそうです。これが借り換えを行うメリットがあると言われている目安なのですが、現在は団信保険などを別口の契約とし、利息を低く設定している住宅ローンなどもあります。手数料や保証料なども会社によっては無料サービスを行う会社もあります。


金利の見直しを今借りている銀行に聞いてみよう

現在、銀行などでは住宅ローン利用者は非常に大切にしたい顧客という存在です。そのため、借り換えを考えているのであれば、まずは現在借りている銀行に金利が安いローンがあるので借り換えを考えようと思っていることなどを伝え、相談できないか聞いてみましょう。銀行に引き下げる義務はありません。しかし競争が激化している現在は、ケースによって引き下げに応じてくれる銀行もあるそうです。ただし、相談して下がらないとしてもこればかりは銀行が悪いわけではありません。ダメなら借り換えを行うといいでしょう。